まゆこ先生とスタッフのこども歯科110番ブログ

2016年6月30日 木曜日

成長にケガは付き物と言いますが・・・

こんにちは


北九州市門司区の小児歯科、いしばしまゆこ こどもDENTAL CLINICです


今日で6月が終わりますーΣ(゚Д゚)さようなら、上半期。こんにちは、下半期。



さてここで問題ですsign03転んでも転んでも立ち上がるのはなーんだ??


正解は「人間」ですhappy02逞しいですよねlovely


しかーし!!!


臓器はそうもいかず、歯も例外ではありません



1月22日のブログ「エナメル質形成不全」でもチラッとでましたが今回のテーマは「外傷」です


トタトタトタ・・・どてっ!!





同じ哺乳類ですが人間じゃないですねsmile


しかし見事にコケています笑


幸いなことにこのプレーリードッグは歯を強打してないようですε-(´∀`*)


外傷には主に3種類あって「歯の破折」「歯の脱臼」「歯の陥入」です


まずは「歯の破折」

歯冠破折


歯根破折



2つともなかなかヘビィですsweat01歯冠破折は正中から八の字に破折していますsweat02



画像のように大胆に歯冠破折している場合は歯髄(歯の神経)を取り除き、根充(歯の神経の代わりに入れるゴムみたいなものを入れる治療)後、修復していきますthink


歯冠破折の程度にもよりますが、神経を取らずに治療する場合もありますflair


受診されてきた時はかなりショックを受けていましたが治療後は良好なようです(*´▽`*)


対して歯根破折は歯根が折れているのでその歯を抜歯しブリッジやインプラントなどの治療をします('ω')



「歯の脱臼」


http://image.search.yahoo.co.jp/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E6%AD%AF%E3%81%AE%E8%84%B1%E8%87%BC
※閲覧注意

文字通り歯が脱臼した状態ですsweat01


歯にギブスをし経過観察をしていきながら約1ヶ月後ギブスを外していきますeye


「歯の陥入(かんにゅう)」



http://image.search.yahoo.co.jp/search?p=%E6%AD%AF%E3%81%AE%E9%99%A5%E5%85%A5&aq=-1&ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa
※閲覧注意、歯以外の画像も出てきます


こちらはコケた・ぶつかった衝撃で歯が歯槽骨に食い込んでしまうことですsweat02


経過観察をしていき治療計画を立てていきますeye


歯の破折以外の画像は大量に出血が伴っているので掲載を控えております
URLへの閲覧は自己責任でお願い致します



このように3つの外傷を紹介していきましたが、日常生活を送る中でこれらを回避することは気をつけていても難しいことです|д゚)


特にお子様は!!!



乳歯の時に外傷してしまったら永久歯にも影響が出てくることもあるので


もしこうなってしまったら早急に歯医者さんへ行きましょう(; ・`д・´)
 


投稿者 いしばしまゆこ こどもDENTALCLINIC

問い合わせはこちら 093-342-8280